実 験 哲 学 カ フ ェ



「実験哲学カフェ」とは
毎回あるテーマについてその場に集まった人たちが
自由に語り合う トークサロンイベントです

2001
年1月のスタート以来 環境問題 男女の話 食べ物 自動車の話まで
様々なテーマで様々な人々とお話してきました

 いわゆる哲学の知識や教養は必要ありません
大学のゼミやテレビでの討論番組ではありません
アカデミズムやメディアとはとりあえず無縁で
ただ「その人がその人であるからこそ出来る話」を聴きたいと願っております
テレビ 本でも知ることが出来るような話(←もちろん興味深い情報や知識を交換できるのも一つの楽しみでしょう)
それならあまり「実験哲学カフェ」で取り上げる必要はないと思っております

 知性(論理的整合性)と感性(所謂センス あるいは共感できる/共感を超えた論理の飛躍)の両方のバランスで
楽しめる場であればいいと思っております


 哲学カフェは日本で成立するか? 実験哲学カフェはまだまだ実験中です。

□■今後の開催予定■□


【日 時】 20181215日(土)
     時間|関西大学
     会場
|15時10分〜17時30分

【テーマ】 「若者いまむかし」

「関西大学哲学会」では秋冬の学会は現役学部生による発表を行っておられます。今回の「実験哲学カフェ」
はその一つの企画として開催します。「若者いまむかし」と題して 昨今の若者(哲学科の学部生)が考えて
いることなどについて考えてみたいと思います。「社会からの影響」と「若者文化と“承認欲求”」のご興味の
あるテーマのコーナーで哲学カフェに参加していただく予定です。

・学会という企画のため 本来は関係者のみを対象としているのですが、主催側の意向で「実験哲学カフェ」の定員枠を設けることができました。
・ご参加いただけるようでしたら「集合時間、場所」のご案内をします。ご連絡下さい。

連絡先

  

■ お問合せ先
大阪形而上学研究所】実験哲学カフェ:

■ 過去の開催履歴

■ 以前のホームページ